探偵に依頼できる盗聴器発見

探偵依頼内容講座|こんなこともお任せ!引き受けられる案件一覧

MENU

盗聴被害を未然に防ぐには?

盗聴器なんて自分にはまるで関係のない話だ、世の中ではほとんどがそう思っていることでしょう。
スパイ映画の世界でもあるまいし、誰かに盗聴されるかもなんて考えたこともないですよね。

 

しかし実はそうとも言えないのです。
近年秋葉原の専門店街やネット経由で盗聴器が簡単に手に入る時代になりつつあります。
ですから盗聴を他人事と考えず「誰かに監視されているのでは?」という直感が働いたときには、積極的にプロの力に頼りましょう。
探偵は独自の手段を用いて盗聴器のありかを調べ除去してくれます。

 

盗聴被害の中で比較的多いケースは、ストーカーまたは浮気が関係しているものになります。
元恋人が別れた相手を諦めきれずストーカー行為を続ける中で、盗聴という手段を用いることがあります。
また面識はなくても一方的に好意を持った相手のストーキングに盗聴器を使う場合があります。
口をきいたこともない相手の日常生活やプライベートを知りたい一心でこのような卑劣な行為に及ぶのであり、本当に不気味で恐ろしく許しがたいことです。

 

また恋人や配偶者に浮気の疑いあり、ということで盗聴器が登場する場合もあります。
実際に盗聴器が仕掛けられる場所としては、部屋のコンセント内部や屋根裏、照明器具の裏や電話機内部などさまざまです。
要は見つかりにくい場所であることがポイントです。
盗聴器も年々進化し、より小型のサイズや目立たない形状のタイプが開発されていますので、一般人が盗聴器を見つけるのは至難の業とも言えるでしょう。
しかし探偵なら部屋に入って一回り見渡せば、おおよその設置場所に見当がつくものです。
長年の経験やノウハウに加えて、盗聴器発見に使用する専用機器も特殊なものを用います。

 

このように探偵に依頼することで、早期発見が可能になり被害を最小に食い止められます。
また再犯防止や盗聴者の割り出しなどの相談にも乗ってもらうことが可能です。
盗聴器発見にかかる費用は一概にはいえませんが、一般的には調査を行う部屋の数や面積をもとに計算されます。
出張費や調査にかかわる人数などを含め、事前に見積もりを出してもらってからじっくり検討することがポイントです。
中には市販で手に入るような機器を用いて簡単な調査をするだけで、発見できなくてもしっかり料金請求するような業者もいるので注意が必要です。