探偵に依頼できる素行調査

探偵依頼内容講座|こんなこともお任せ!引き受けられる案件一覧

MENU

素行調査の対象はどんな人?

素行調査では対象人物の日常生活を調査しながら、普段の品行などについての実態を明らかにします。
素行調査の対象となる人物で多いのは配偶者や交際相手などで、やはり浮気や不倫が原因となっている場合がほとんどです。
また親子同士や親戚など近親者によって依頼されるケースも少なくありません。
この場合は相続をはじめ金銭トラブルが引き金となっていることが多くなっています。
中には問題のある社員や採用予定者について、法人が調査を依頼するケースも見られます。

 

具体的な調査方法としては、聞き込みや尾行、張り込み調査などが行われています。
また独自のネットワークを駆使して、対象人物の交友関係や個人情報を調べ上げます。
探偵は調査のプロですから、素人では調べきれない隠れた情報も多く得ることができます。
調査結果は報告書にまとめられ、写真など有用な証拠材料とともに依頼者に提出されます。

 

素行調査は現在の行動を調べるだけで済むのなら比較的調査は早期解決となる可能性が高くなります。
反対に過去までさかのぼって関係者を探し証言を得る必要性があるなど、状況によってはかなりの時間を要する調査となることもあり、調査が難航したり調査費用がかさむということになります。

 

調査費用は探偵事務所によって料金体系が異なるため一概には言えませんが、調査の長期化や難易度に従ってコストが余計にかかってきます。
このような事態をできるだけ避けるためには、あらかじめ分かっている情報があれば依頼時に伝えておくことがポイントになります。
ここで重要なのはより正確な情報を伝えることです。
情報精度はその後の調査を大きく左右します。
またどんな些細な情報であっても、プロである探偵にとっては大きな手がかりとなる可能性があります。
気になることがあれば遠慮せずに積極的に相談や説明を行い、納得のいくような調査を行ってもらうことが大切です。
探偵側では面談で聞取った内容をもとに見積もりを出してくれるので、そこでも疑問点があればきちんと説明を求めましょう。