探偵に依頼できる人探し

探偵依頼内容講座|こんなこともお任せ!引き受けられる案件一覧

MENU

行方不明者を見つける手段

国内での行方不明者の数は大変多いと言われています。
警察に届出があったものだけでも相当な数なので、届けが出ていない分を含めるとかなりの数に上るものと思われます。

 

たとえ警察に届け出てたとしても、警察は事件性がない限りはなかなか捜索を行ってくれませんし、民事事件に介入することもありません。
警察に捜索願を出せるのは保護者や配偶者、親戚や捜索対象者の看護者のみとなっています。

 

基本的には成人が自らの意志で家を出たケースでは、事件性は認められません。
警察が頼りにならないために、探偵に捜索を依頼するケースも増えています。
探偵に調査を依頼する場合には、できるだけ捜索者に関する詳細なデータを伝えることがポイントです。
基本的な個人情報に加えて身体的な特徴や衣服の好みなども有効な情報となります。
顔や全身の特徴がよく分かる写真などを提出するのもよいでしょう。

 

常に身につけている時計や指輪といった装飾品も手がかりになります。
過去に居住したことがある町や旅行で訪れたことのある場所、親類や友人が住んでいる場所なども捜索範囲になることがあります。
本人の趣味などから訪れそうな場所を推測することもあります。このような情報が元で早期解決につながる確率は非常に高く、費用を抑えるためにも手がかりは重要です。
最近ではインターネットの普及と共に、ネット上の情報網を利用した捜索もある程度までは可能です。

 

しかしながら素人のできることには限りがあり、独自の情報ネットワークを持つ探偵にはかないません。
特に行方不明者が意図的に隠れて生活している場合は、調査がさらに難航する可能性が高くなります。

 

また失踪後早ければ早いほど発見率も高くなりますが、年数の経過と共に発見は困難になっていきます。
探偵は豊富な経験とノウハウでもっとも適切と思われる方法で調査を進めていきます。
多少の費用がかかっても、探偵に捜索を依頼するほうが効率的な発見への近道といえます。